費用について

Q.膠原病の診療にかかる費用の補助はありますか?

A.特定疾患治療研究事業に申請すれば補助が受けられます。

膠原病は特定疾患に登録されているものが多数あります。ここでは簡単に特定疾患についてご説明し、その申請の仕方を中心にお話します。

特定疾患治療研究事業とは、保険診療において患者さんの治療費の自己負担の一部(重症認定の方、生計中心者の市町村民税が非課税の方は全額)を国と都道府県が公費負担として助成する制度です。

申請手続きをするには

  1. 臨床個人調査票(疾患ごとに異なります。)を医師に提出してください。記入にはお時間をいただいております。即日お渡しすることは原則できませんのでご了承ください。臨床個人調査票は最寄りの保健所等の特定疾患窓口にあります。
  2. 上記の臨床調査個人票と住民票、生計中心者の所得の状況(重症認定を受ける場合は、重症認定申請書と医師の診断書等認定に必要な書類)等の申請書類を最寄りの保健所の特定疾患窓口に提出し、特定疾患医療受給者証交付の申請をしてください。
  3. 受理、審査、認定されたのち、受給資格が得られます。医療費助成は、申請日からとなります。 医療機関受診や調剤薬局、訪問看護をご利用のときに、特定疾患医療受給者証を提示してください。 申請手続きに関しては、最寄りの保健所にご相談ください。
  4. 期間は原則として1年間です。(有効期間は10月1日から翌年9月30日となっています)

詳しくは難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/top.htmlをご参照ください。