慶應義塾大学病院における関節リウマチ患者の疾患活動性 および合併症に関する調査

実施責任者 竹内 勤 教授

1 研究目的

近年,関節リウマチの診療は,早期診断手段の向上,また抗サイトカイン療法を中心とした生物学的製剤登場によって,劇的に変化しました.しかし一方で,結核を始めとする感染症や,悪性リンパ腫,うっ血性心不全の増悪,全身性エリテマトーデス様症状などの有害事象の発生が散発的に報告されています.当院では,疾患活動性改善を追求すると共に,生物学的製剤使用前には充分なスクリーニングと予防治療を行って合併症予防にも努めながら治療方針を決定していますが,当院通院中の関節リウマチ患者全体の治療成績や合併症発症率などの総括的な調査はなされていません.本研究は,当院における関節リウマチ患者の治療内容と疾患のコントロール状態および合併症を調査し,治療成績や経時的変化を明らかにすることを目的としました.

2 研究方法・研究協力事項

当ホームページに,本研究実施について公開し,本研究の目的と意義,個人情報管理,問い合わせ先を掲示します.不参加の場合には申し出可能である旨を告知します.本研究へは、診療記録を利用させていただくことでご協力いただきます。

3 研究協力者にもたらされる利益および不利益

研究協力者に不利益はありません.また、研究協力者に直接有益な情報をもたらす可能性も低いと考えられますが,当院における治療成績と合併症が明らかになることで,今後の治療方針決定等に有用となることが期待されます.

4 個人情報の保護

患者データは新たに発行された登録番号で管理され,連結可能匿名化して用います.本研究結果が学会や学術雑誌に発表される際にも,対象とする個人のプライバシーは十分に尊重され,協力者の個人情報が外部に公表されることは一切ありません.

5 研究計画書等の開示

ご希望があれば、この研究計画書の内容を見ることができます。

6 協力者への結果の開示

開示希望のある協力者には、結果の解析が終了した時点で結果を開示する予定です。

7 研究成果の公表

あなたの協力によって得られた研究の成果は,匿名化して学会発表/学術雑誌/データベース上で公表します。

8 研究から生じる知的財産権の帰属

この研究の結果により特許権等の知的財産が生み出されても、その権利はあなたには帰属しません。