キャリアプランの提案

当研究室でリウマチ・膠原病内科医としてのトレーニングを受けた先輩方が様々分野で活躍しています。

後期臨床研修が修了し、日本リウマチ学会専門医や学位を取得した後は、以下の様なキャリアデザインが考えられます。

  • 留学を経てさらに研究のキャリアを重ね、physician scientistとして自立
  • 関連病院へ出向しさらに臨床の研修を積み、リウマチ膠原病医として自立
  • 開業し地域医療に貢献
  • 製薬企業でメディカルドクターとして研究開発・マーケティングに携わる
  • 官庁で医療行政に携わる
  • 産業医として労働者の健康管理を行う

当教室出身者の多くは、海外留学を経て研究を進展させ、本学、北里大学、埼玉医科大学、東京歯科大学、東京大学、東邦大学、東海大学、聖マリアンナ大学、藤田保健衛生大学、名古屋市立大学、京都大学、University of Floridaなど様々なアカデミックポジションで活躍しています。また、地域の中隔となる市中病院でリウマチ膠原病診療に携わるOB/OGや、リウマチ膠原病学を通じて全身を幅広く診るトレーニングを積み、generalistとして地域医療に貢献するOB/OGも多いです。生物学的製剤などを中心とした分子標的免疫治療が医薬品マーケットにおいて重要性を増す中、リウマチ膠原病医は製薬業界でのニーズも高くなっています。他にも、医系技官や産業医として活躍している教室出身者もいらっしゃいます。このように、当教室は将来様々な分野で活躍する人材の育成に注力しています。

当診療科出身者が活躍する主な施設

北里研究所メディカルセンター病院、埼玉医科大学総合医療センター、東京歯科大学市川総合病院、練馬総合病院、東武練馬中央病院、都立大塚病院、PL東京健康管理センター、宮内庁病院、山王病院、東京大学医科学研究所附属病院、国立病院機構 東京医療センター、東邦大学医療センター 大森病院、東邦大学医療センター、大橋病院、東京都立荏原病院、東海大学医学部、聖マリアンナ医科大学医学部、川崎市立川崎病院、川崎市立井田病院、社会福祉法人聖テレジア会、聖ヨゼフ病院、医療法人社団白寿会、田名病院、藤田保健衛生大学医学部、名古屋市立大学大学院医学研究科、京都大学大学院医学研究科、池田市立池田病院、医療法人圭良会、永生病院、日本生命保険相互会社、エーザイ株式会社、University of Florida(順不同)