学会報告

当研究室員が参加した学会についてご紹介します。

臨床リウマチ学会 2022

2022年10月29日から30日まで第37回日本臨床リウマチ学会が札幌で開催されました。慶應からは竹内勤名誉教授と、花岡が参加してまいりました。

北海道は寒い!と気合をいれて新千歳空港ユニクロ店でヒートテックを購入のうえ、現地に向かいましたが意外と暖かく過ごせました。

竹内先生は特別講演として関節リウマチの分子標的療法の軌跡と展望についてご講演なさり、ダイナミックに変化した治療の変遷について発表されました。

私は慢性腎臓病と関節リウマチとの関係や、SLEの治療戦略とべリムマブのポジショニングについて発表してきました。

北海道で開催されましたがたくさんの先生方が参加され、大変有意義なコミュニケーションがとれた会でした。北海道大学の友人に久しぶりに会えましたのも嬉しかったです!ヒートテックを着ていただけではない暖かさを感じながら東京に帰ってきました。これからも全国に発信できるような研究を展開できるよう頑張っていきたいと心を新たにしました!

(花岡)

日本臨床免疫学会 2022

2022年10月13日から15日まで第50回日本臨床免疫学会総会が開催されました。

総会長は慶應OBで東邦大学教授であられる亀田秀人先生が主催されました。本学会はハイブリッド開催で、久しぶりにたくさんの先生方と対面でディスカッションすることができました!当科から近藤泰先生、齋藤俊太郎先生、菊池潤先生と花岡がポスター発表しました。

近藤先生は近年医療環境をガラリと変えたCOVID-19に着目した研究であるmRNA-1273ワクチンとSARS-CoV-2中和抗体およびT細胞反応性の誘導について発表されました。医療従事者にとっても大変関心が高く、多くの質問がありました。

齋藤先生は同じIL-6受容体阻害薬であるトシリズマブとサリルマブのIL-6シグナル抑制強度を比較した研究を発表されました。この2つの薬剤の使い分けについて臨床の現場では多く議論されることがあり、その一つの回答が示されました。

また菊池先生はループス腎炎の治療後に検出感度以下までタンパク尿が減る「Deep remission」の意義について御発表され、未だ十分検証されていないループス腎炎の治療目標を議論する意義「深い」情報を提供してくださいました。実はこの「Deep remission」の考え方は最新のKDIGOガイドラインにも引用されており、今後の動向が注目されます。

そして最後に私はステロイド骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性を規定する因子について発表しました。最近は骨や筋肉も健康な状態で維持するという考え方がリウマチ膠原病領域でも認識されつつあり、それを支持する研究結果が得られました。私たちシニアも若手と一緒にこれからも臨床研究を盛り上げていきます!

(花岡)

欧州リウマチ学会(EULAR) 2022


2022年6月1日より6月4日まで、デンマークのコペンハーゲンでEULAR2022が開催されました。今回も現地とオンラインのハイブリッド開催ではありましたが、COVID-19の流行も一段落し、会場はたくさんの人で賑わっていました。

歴史ある建造物に囲まれた美しいコペンハーゲンの街並みは、日々の喧騒(仕事)を忘れさせ、癒やしの一時をもたらしてくれました。現地会場はワクチン接種を条件にノーマクスでの参加が可能で、多くの人がマスクをせずにディスカッションをしている様子には衝撃を受けました。

初日は関節リウマチ、ANCA関連血管炎、脊椎関節炎の3領域に関しEULAR recommendation updateの報告があり、多くの聴衆が参加していました。特にANCA関連血管炎はavacopan等新たな薬剤の反映、ステロイド減量に関する推奨など変更点が多かったように思います。

私自身は

演題:Efficacy and safety of adalimumab with low and high dose-methotrexate in patients with rheumatoid arthritis with inadequate response to methotrexate: the randomised controlled MIRACLE study

をoral presentationさせていただき、アダリムマブ開始時のメトトレキサート減量で非減量と同等の効果を得られる一方、安全性は優れている旨報告しました。思っていたよりも大きな会場で久々の海外学会での発表という事もあり緊張しましたが、多くの先生方に激励していただき、なんとか発表を終える事ができました。

本学会には教授を始めposter tourに選ばれた先生、現地での2日半のキャピラロスコピー講習会に参加した先生、医師4年目の若手の先生など当科からも多くの先生が参加され、皆で大変充実した時を過ごす事ができました。

2019年のマドリッド以来3年ぶりに現地の熱気と文化に触れ、新たな視点でこれからも頑張って行こうと気持ちを新たにしました。

(玉井)

第66回日本リウマチ学会学術集会 2022

Photo. 感染対策を十分に行いながら、マスクをし、衝立越しに発表する演者


第66回日本リウマチ学会総会・学術集会が2022年4月25日~27日パシフィコ横浜で開催されました(オンデマンド配信2022年4月25日~5月31日)。

私は2019年度より毎年演題を発表させていただいているのですが、COVID-19パンデミックの影響により、現地で発表させていただくのは3回目にして初めての事でした。

International Concurrent Workshopで発表させていただきましたが、初の英語での発表・質疑応答で、発表前から緊張し発汗著明の10分間でした。発表後は座長の先生と直接お話させていただいたりと、短時間ではありましたが自身の発表以外の収穫も大きかったです。現地では会場の雰囲気を感じながらの発表で、リモート参加での画面を前に1人で話す発表とは大きく異なり、現地参加での発表の素晴らしさを感じる事ができました。

現地での開催を終え、この文章を記載している現在もオンデマンドの配信が続いており、現地で参加する事のできなかった発表も聴講する事ができます。

COVID-19パンデミックにより、久しく現地発表がない状態が続いていましたが、海外の学会ではすでに現地開催を中心としたこれまで通りの形式に戻りつつあるようです。今回の発表は現地発表・オンデマンド配信各々のメリット・デメリットを感じる機会となりました。

(石垣)