当院への受診をお考えの患者様へ

当院の診療の特徴

■全身性エリテマトーデス(SLE)診療■

2019年欧州リウマチ学会から全身性エリテマトーデス(SLE)の治療勧告が発行されました。
その中で「ステロイドは可能な限り少量を目指し、可能であれば中止すること」が推奨されました。
また2021年DORISというSLEの寛解基準を策定するグループが、目指すべきステロイド用量をプレドニゾロン換算で5mg/日に決定しています。

SLEの診療においてステロイドの使用は必要不可欠であることが多く、免疫抑制薬の併用が推進されたものの、ステロイドの持つ強力な抗炎症作用、免疫抑制作用に頼らなくてはならない局面が多いです。しかしその長期使用によって感染症・骨粗鬆症・血管イベントなどの副作用が必発であるため、疾患活動性の制御だけでなく、ステロイドを代表とする治療薬関連のダメージ(後遺症)を最小量にする取り組みを当院では推進しています。

当院に通院されるSLE患者さんの治療内容を集計すると、全体の19.1%の患者さんがステロイドを中止できています。また平均ステロイド(プレドニゾロン)用量は4.58 mg/日でした。このように当院では免疫抑制薬や分子標的薬を積極的に併用することで疾患を十分制御しながら可能な限り少ないステロイドで治療する取り組みを進めています。

■関節リウマチ(RA)診療■

当院には約2200名の関節リウマチの患者様が通院されております。
約6-7割の方が寛解という疾患活動性が良好にコントールされており、約8-9割の方が低疾患活動性を達成しております(DAS28, CDAI, SDAIはそれぞれ疾患活動性の指標です)。

最近ではアンカードラッグであるメトトレキサート(リウマトレックス®)に加えて、生物学的製剤やJAK阻害薬といった非常に有効性の高い薬剤も使用できるようになり、約6割の方がいずれかの薬剤を使用しております。

■成人スティル病診療■

成人スティル病は初期にステロイドを用いて治療を行っても、ステロイド減量の過程で再燃する事の多い疾患です。
当院が中心となり、成人スティル病に対して生物学的製剤であるトシリズマブ(商品名:アクテムラ)を使用した医師主導治験を行いました。成人スティル病はステロイド以外によい治療がありませんでしたが、この試験結果をもとに、わが国では世界に先駆けて成人スティル病に対しトシリズマブが保険適用となりました。
当院ではのべ60名以上の成人スティル病の患者様にトシリズマブを使用いただき、病気のコントロールに役立てています。

■サルコペニアに関する取り組み■

■検査■

当科では、専門チームによる腎生検、関節超音波、キャピラロスコピー(手指爪の付け根の毛細血管を観察)、筋生検などを積極的に行い、病気の診断、診断後の病勢のモニタリングに役立てています。

腎生検

当科では科内の腎生検班が中心となり全身性エリテマトーデスやANCA関連血管炎などの疾患で腎生検を積極的に行っています。科内で腎生検を行う事で生検結果の理解も深まり、より適切なフィードバックを通して患者さんの抱える問題点を包括的に理解する事ができます。

関節超音波

関節超音波検査では触診だけでは分からない関節の腫脹の評価、炎症が起こる部位の正確な判定、薬剤での治療中に残存する病変の評価などに有用で、治療方針に役立てています。

キャピラロスコピー

爪の毛細血管は体外から確認できる数少ない血管です。全身性強皮症を始めとした膠原病では爪毛細血管の所見が重要な手がかりとなる事があります。当科では外来にキャピラロスコピーを常置し、爪郭毛細血管所見を積極的に確認しています。

免疫統括センター

当院では免疫疾患に対して生物学的製剤治療を行うリウマチ・膠原病内科、消化器内科、皮膚科、整形外科、血液内科、眼科、呼吸器内科から医師が集まり、生物学的製剤に特化した治療を行っています。専属の看護師や薬剤師と連携し質の高い医療を提供しています。

かかりつけ医との連携

患者様には初診外来予約をいただきます。
初診時には初診専門外来で時間をかけて問診、身体検査を行い、必要に応じて血液検査、尿検査、X線検査、関節エコー、CT、MRIなどを行います。
リウマチ専門医による診断後、当院で治療開始することも、治療方針ををかかりつけの先生にお伝えして治療を頂く事も可能です。
検査値異常のみで初診時にリウマチ・膠原病の心配がない場合には、再度かかりつけ医の先生にフォローをお願いし、その後異常を認める場合にはあらためてご紹介いただき当院を受診いただくという、かかりつけ医の先生と連携した診療を行っております。




治験・臨床研究

リウマチ・膠原病内科では診療における様々な課題の解決にむけ、患者様に各種研究へご参加いただいています。患者様が来院した際に血液・尿などの検体を頂き病態理解や治療反応性などに役立てる研究、決まったスケジュールに基づいて治療を行い効果を検討する研究(介入研究)、新たな薬剤を用いて効果や安全性を検討する研究(治験)などがあり、何れも倫理委員会での審査を経て許可を得て行っています。該当される方は外来時に担当医よりご説明させていただきます。