慶應・膠原病内科を選ぶメリット

当研究室で一緒にリウマチ・膠原病医として働きませんか。慶應リウマチ・膠原病内科には他にはない多くのメリットがあります。

BED TO BENCH, BENCH TO BED

臨床と基礎を融合させ、質の高い医療と研究を実現させています。

腎生検

当科では科内の腎生検班が中心となり全身性エリテマトーデスやANCA関連血管炎などの疾患で腎生検を積極的に行っています。科内で腎生検を行う事で生検結果の理解も深まり、より適切なフィードバックを通して患者さんの抱える問題点を包括的に理解する事ができます。


関節超音波

関節超音波検査や滑膜生検に取り組んでいます。全ての新入局員が関節超音波検査に触れる事で触診での診療結果と関節超音波検査を直接比較し、触診能力の向上にも役立てる事ができます。


皮膚所見の理解

膠原病では皮膚所見が重要です。当科では医局員が皮膚科で指導を受け、皮膚所見や皮膚生検所見を深く理解する事で診療能力の向上をはかっています。


キャピラロスコピー

爪の毛細血管は体外から確認できる数少ない血管です。全身性強皮症を始めとした膠原病では爪毛細血管の所見が重要な手がかりとなる事があります。当科では外来にキャピラロスコピーを常置し、爪郭毛細血管所見を積極的に確認しています。


多彩なカンファレンス

入院患者一人一人について教授を交えてカンファレンスを行います。治療方針の決定だけでなく、重要な臨床研究や最新のトピックスについても皆で共有します。他にも臨床カンファレンス、1症例を取り上げて深く理解する症例カンファレンス、リサーチカンファレンスと多彩なカンファレンスを通して総合力を養います。


免疫統括センター

当院では免疫疾患に対して生物学的製剤治療を行うリウマチ・膠原病内科、消化器内科、皮膚科、整形外科、血液内科、眼科、呼吸器内科から医師が集まり、生物学的製剤に特化した治療を行っています。専属の看護師や薬剤師と連携し質の高い医療を提供しています。


風通しのよい雰囲気

当科は出身大学や研究室などで分け隔てなく、明るく風通しの良い雰囲気です。医局員通しの仲も良く、気軽に相談する事ができます。是非見学に来て医局の雰囲気を肌で感じてみてください。