診療案内

慶應義塾大学病院リウマチ・膠原病内科で診療する疾患一覧

list_dot関節リウマチ(RA) list_dotシェーグレン症候群
list_dot悪性関節リウマチ list_dot抗リン脂質抗体症候群
list_dot全身性エリテマトーデス(SLE) list_dotリウマチ性多発筋痛症(PMR)
list_dot全身性強皮症(SSc) list_dotRS3PE症候群
list_dot皮膚筋炎/多発性筋炎(PM/DM) list_dotベーチェット病
list_dot混合性結合組織病(MCTD) list_dot再発性多発軟骨炎
list_dot分類不能型結合組織病(UCTD) list_dot成人Still病
list_dot血管炎症候群
– 大動脈炎症候群(高安病)
– 側頭動脈炎
– 結節性多発動脈炎(PAN)
– 顕微鏡的多発血管炎
– 多発血管炎性肉芽腫症
– 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
– 混合性クリオグロブリン血症
– Henoch-Schonlein紫斑病
list_dot血清反応陰性脊椎関節症
– 強直性脊椎炎
– 反応性関節炎
– 乾癬性関節炎
– 炎症性腸疾患に伴う関節炎
– SAPHO症候群
list_dotサルコイドーシス list_dot自己炎症性症候群

以下のような症状がある場合はリウマチ内科へ

  • 関節が腫れて痛む
  • 手がこわばる
  • 寒いときやストレスを感じるときに、指先が紫や赤色になる(レイノー症状)
  • 原因不明の37.5度以上の発熱が続いている
  • 朝になると手がこわばっている
  • 日焼けをすると、発熱したり全身が赤くなったりする
  • 口の中に潰瘍ができやすい
  • 筋肉に力が入らない

初めて受診される方へ

リウマチ内科初診の方の診療手順は以下の通りです。

  1. リウマチ初診問診票に必要事項の記入
  2. 医師による診察
  3. 採血、採尿、レントゲン写真(胸部、手、足、など)
  4. 必要に応じて画像検査の予約
  5. 会計(会計票に次回外来予約票がついています*1
  6. 初診医が必要と判断した際はお薬が処方されます。*2
  7. 会計票についているお薬引換券を薬局に提出して受け取ってください。
  • *1.特殊な血液検査がある場合、結果がでるまでに約2週間かかりますので次の診察の予約は2週間後以降となります。
  • *2.院外処方をご希望の方は診察時にお申し出ください。

急に具合が悪くなった場合

外来受診時間内の場合

予約がない場合でも、予約外で受診することが可能です。
月曜日~土曜日までリウマチ内科医が外来を行っていますので、具合が悪い場合は予約を待たずに早めにおかかりください。

また、予約外で来られた際、外来のクラーク(ブルー、ピンクの服を着たスタッフ)に具合の悪い旨をお伝えください。(声をかけていただかないと長い時間お待たせしてしまう可能性があります。)

外来受診時間外の場合

平日16時半まで: リウマチ内科の当番医が処置室で拝見します。
休日・平日16時半から: 内科の当直医が拝見し、必要に応じてリウマチ・膠原病内科の当番医が拝見します。